移住マッチングサービス
  • セミナー・相談会
  • 募集
  • 移住支援制度
  • その他

最後の清流 四万十川だけじゃない!!市街地から海・山・川が車で10分の自然に近い街/高知県・四万十市

関連ワード: 就職・転職, 副業・複業, 地域おこし協力隊, 観光, その他
投稿日:2022/6/8 更新日:2022/6/20
  • 川とともに生きるまち“四万十市”

     高知県西部を流れ、日本最後の清流と呼ばれる四万十川。196kmにも及ぶ四国最長の大河がまちの中央に流れ、雄大な太平洋に注ぐ場所に位置するのが四万十市です。
     弓なりの形をした高知県の西部に位置する四万十市は、人口約33,000人を擁し、市街地の周りを山、川、海に囲まれた地域です。
     市街地は、京の都に擬して造られており、「小京都中村」と呼ばれ、現在でも鴨川や東山など京都に倣った地名やゆかりの神社が残り、大文字の送り火や土佐一條公家行列「藤祭り」など京文化を伝える祭りも開催されています。
    
     四万十市は1年を通して比較的温暖な気候ですが、梅雨時期には大量の雨が降ります。また、台風も多く、湿気が苦手な方は除湿器が必要です。過去に41℃の気温を観測したことがあり、夏場は猛暑日になることも多々あります。冬場は、雪が降ることは珍しいですが、山間部では積もるところもあります。昼と夜の寒暖差が激しいのも特徴といえます。
     
     生活面では、市街地や郊外にはコンビニや大型スーパー、ホームセンター、家電量販店、などもあり、街中まで行くと買い物には不自由しません。山間部では、家から市街地までの希望する目的地を結ぶ予約制のデマンドバスがありますが、自家用車はあった方が便利です。
    
     市内には、20の保育園・幼稚園、13の公立小学校、5の中学校、県立中村中学校、県立中村高等学校、県立幡多農業高等学校の教育施設があります。小学校と中学校で提供されている給食では、地元産の無農薬・減農薬栽培の米を100%使っており、野菜も優先的に地元の無農薬・減農薬のものを使っているのが魅力。新鮮な食材を味わえるのに加え、輸送などを最小限に留められる地産地消はSDGsの取組みにもなります。
    
     利便性のよい市街地に住んで、休日に山、川、海を感じるも良し、近くに山、川、海を感じながらの本格的な田舎暮らしをするも良し。それぞれのライフスタイルを選択できます。
    
    
    
    自然と遊べる四万十市、アクティビティが盛んな街
    
     市街地から約10分車を走らせれば、気軽に太平洋や山間部まで出られる四万十市。   
     そのため四万十川や太平洋では、地元民・観光客問わずカヌーやサップといったウォータースポーツや釣りなどを楽しめます。
     特に盛んなのはサーフィン。
     四万十市は平野サーフビーチと双海サーフビーチが整備されています。高知県知事杯サーフィン大会が行われるなど、高知県西部では最もメジャ-なビ-チブレイク(海底が砂のサーフポイント)であり、いずれも駐車場やトイレ、シャワーといった設備もあります。
     サーフトリップでこの地に魅了され、四万十市に移住してくる人も。移住者の3割程度はサーフィン目的であるほど、サーフィン移住は人気です。
    
     一方、四万十川ではカヌー、ラフティング、サップ、キャンプ、バーベキューなど様々なアウトドアアクティビティが楽しめます。特に夏場は、毎年たくさんの観光客に訪れていただいています。飲食店や宿泊施設など観光業に携わる仕事をしている方も多いです。
     四万十川には、今なお川漁師がおり、ウナギや鮎、川エビ、アオノリなど新鮮な四万十川の恵みをいただくことができます。

    通年サーフィンを楽しめます

  • 四万十市へ移住を考えられている方必見!!NPO団体が移住をサポート

     四万十市では「NPO法人四万十市への移住を支援する会」が市から受託して移住希望者へのサポートを行っています。法人化する前の民間ボランティア団体の時から25年以上の歴史と経験があり、地元事業者や行政職員OBの方々14名が理事会員として在籍し、専任スタッフ4名がお住まい、お仕事、子育て、仲間づくり等々、移住・定住に関わる相談に対応しています。
    
     県外から移住された皆様の定住支援として、移住されてから3年間、様々な相談にお答えします。面談した会員は、皆様の家族のような立場で、時に温かく、時に厳しく相談に応じます。また、家の修繕、古民家での暮らし方など、不安なことはお問合せください。
    NPO法人四万十市への移住を支援する会 https://shimantocity-hataturn.com/

    私たちにご相談ください!!

開催期間

四万十市が気になったら「高知暮らしフェア2022夏」へ

 高知県最大規模のU・Iターン相談会「高知暮らしフェア2022夏」が、6月19日(日)東京、6月26日(日)大阪で開催!四万十市も出展します!
 高知県内すべての市町村や各就業分野の担当者が一堂に会するこのイベントでは、地域の暮らしや仕事、空き家の情報などについて、対面でご相談いただけます。その他、セミナーや先輩移住者交流会、VRなどお楽しみいただけるコンテンツを多数ご用意しております。
 ホームページには載っていないようなリアルな情報を携えて、皆様のご来場をお待ちしております!東京会場では「高知県特産品直売会」も開催!
詳しくはこちら!
「高知暮らしフェア2022夏」特設サイト https://kochi-iju.jp/lp/kurashifair/

アクセス

【東京会場】
■開催期間 
6月19日(日)11:00~16:00

■アクセス 
東京交通会館12階「ダイヤモンドホール」
東京都千代田区有楽町2-10−1

■参加費
無料・事前予約不要

【大阪会場】
■開催期間 
6月26日(日)11:00~16:00

■アクセス 
グランフロント大阪 北館B2階「コングレコンベンションセンター ホールA/B/C」
大阪府大阪市北区大深町3-1

■参加費
無料・事前予約不要

■その他
両会場とも高知県最大規模のU・Iターン就職相談会「高知就職・転職フェア2022夏」も同時開催!
東京会場では、1Fマルシェにて「高知県特産品直売会」も開催!

ログインとユーザーネームの登録が必要です。