移住マッチングサービス

週末農業が話題!メリット・デメリットと初心者におすすめの始め方

投稿日:2022/8/10 更新日:2022/8/10
  •  

    平日はいつも通り働き、土日だけ農業をして生活するライフスタイル「週末農業」。都市部に住みながらも自然に触れられたり、オフィスワークをしながら自給自足の生活を送れるなどの点から関心を集めています。
    しかし農業をしたことがない人たちにとっては、どのように始めれば良いのかわからない場合も多いでしょう。
    
    そこでこの記事では、週末農業を始めたいと考えている人に向けて、週末農業を行うメリットや注意したい点、初心者におすすめの週末農業の始め方についてご紹介します。
    
    ■週末農業の魅力と注目されている理由
    ここでは、週末農業を初めて知る人に向けて、週末農業とその魅力を解説します。また、なぜ週末農業が注目されているのか、その理由もあわせてご紹介していきます。
    
    ◯週末農業とは
    週末農業とは、本業がある人が週末だけ農業に従事するライフスタイルのことを指します。平日は仕事をしているサラリーマンやOL、子育てやパートをしている主婦でも、平日の生活を変えることなく週末だけ農業に関わりを持てる点が魅力です。
    
    ◯週末農業が注目されている理由
    週末農業は、自身の趣味や子どもへの教育、また、将来農家になりたい場合のお試しとして農業をしたい人に人気があります。週末という限られた時間だけなので、比較的気軽に農作業に取り組めるという点が人気の理由です。
    
    ◯週末農業をきっかけに移住を考えるケースも
    地方では、都市部と比較して広い農地が確保できるため、より本格的に農作業に取り組めます。
    週末農業での体験を通じて、本腰をいれて農業に取り組みたいと考え、移住を決意する人も増えているようです。
    
    ■週末農業のメリット・デメリット
    週末農業には、多くのメリットがあります。一方で、実際に始めるにあたってあらかじめ知っておきたい注意点もあります。ここでは、週末農業のメリットとデメリットについてご紹介します。
    
    ◯週末農業のメリット
    週末農業では、自然と触れ合う楽しみや、スーパーで買った野菜ではなく自分で育てた新鮮な農作物を食べる喜びなどを感じることができます。農作物を育てることが新たな趣味となり、生活に彩りが生まれるかもしれません。また子どもにとって普段の生活だけではできない体験をすることができ、豊かな感性を育むきっかけになるでしょう。
    
    副業として取り組み、栽培した野菜やお米を販売することで副収入を得ることも可能です。販売方法には、農協(JA)に出荷したり、畑や自宅の近くに無人販売所を設けたり、道の駅などの直売所で販売するなど、さまざまな方法があります。近年はインターネットでの通信販売も浸透しているため、うまく活用すればより多くの副収入を期待できるかもしれません。
    
    また、将来本格的に農業を行いたいと考えている人にとっても、週末農業を行うことで大きなメリットがあるでしょう。週末農業では、本業と並行して農業の知識を身に付けたり、農作業の経験を積んだりすることができます。そのため今就いている仕事を辞めて就農する方法よりも資金面でのリスクが少なく、安心して就農への準備ができるといえます。
    
    ◯週末農業のデメリット
    注意点として、自宅に家庭菜園をつくれる場所がない、市民農園やレンタル農園が定員オーバーで借りられないなど、週末農業に必要な環境を整えることが難しい場合があります。特に人気のある農園の場合は何年も空きを待つこともあるため、1つの農園にこだわりすぎず、複数の農園を検討してみることをおすすめします。

  •  

    ■初心者におすすめの週末農業の始め方
    週末農業を始めたいと思っても、始め方がわからずハードルが高いと感じてしまう人もいるでしょう。
    ここでは、初心者におすすめの週末農業の始め方を解説します。
    
    ◯1日体験から始めてみる
    週末農業を始めるためには、まず農園などでの1日体験を通して、農業に触れてみることから始めてみるとよいでしょう。種まき・収穫体験、農園での農業アルバイトや援農ボランティアに参加することができます。未経験の人が多いため、気負わずに安心して参加しましょう。
    
    ◯地方で開催される農業体験に参加する
    地方での農業体験に参加する場合は、農家への宿泊を伴う農業体験に参加してみるのもよいでしょう。農業の魅力をより深く知る機会となるだけでなく、農家に密着して学ぶことで、体系的な学びが得られます。
    また将来、移住を考えている人にとっては、農家さんとの繋がりを持てることや、農作業を経験しながら気になる地域の様子をチェックできることもメリットとなるでしょう。
    
    ピタマチでも地域の農業体験の募集情報が掲載されていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。
    
    ◯畑を借りて農作業を始める
    本格的に農業を楽しみたいという方は、自分の畑を持つとよいでしょう。その際は、トマトやナス、サツマイモ、ズッキーニなど、初心者にも育てやすいといわれている作物から始めるのがおすすめです。
    
    畑を持つには、自治体や個人が提供する市民農園、民間事業者が提供するレンタル農園などを利用するといった選択肢があります。
    例えば、誰でも気軽に野菜づくりの楽しさを体験できる家庭菜園サービス「体験農園マイファーム」は、農園によっては何年も同じ区画をレンタルできるため、自分自身で土づくりから楽しむことができます。また、野菜づくりは天候に左右されるうえ、土づくりや肥料のあげ方など栽培方法が複雑な場合もありますが、アドバイザースタッフのサポートがあったり、農具・肥料が準備されている場合があり、初心者がひとりで行う際でも安心です。
    
    【参考】
    体験農園マイファーム
    https://myfarmer.jp/
    
    ■まずは週末農業から始めてみませんか
    週末農業は、本格的に農業を始める場合と違い、大掛かりな設備やコスト、多くの知識を必要としないため、始める際のハードルは想像より高くありません。
    
    週末農業に取り組むことで、身近に自然を感じられるようになります。自分が丹精込めて育てた野菜を食べて喜びを感じることで、生活がより豊かなものとなるでしょう。新たな趣味となったり、今後の人生を変えるきっかけになったりするかもしれません。
    
    また、子どもにとっても食べ物のありがたみを感じる機会となったり、自然を体感して感性が育まれる機会となることでしょう。
    
    まずは1日体験や自治体が開催する農業体験に参加して、週末農業を始めてみましょう。

ログインとユーザーネームの登録が必要です。