移住マッチングサービス
  • セミナー・相談会

【3月25日オンライン】「伊那谷を編集する人たち vol.3 場づくり編」

関連ワード: 副業・複業, プロジェクト
投稿日:2021/3/23 更新日:2021/3/23
  • 伊那谷のいまをお伝えします

    長野県南部に位置する「伊那谷」。3000メートル級の「南アルプス」と「中央アルプス」に囲まれたこの地では、いま、さまざまな人と人が、さまざまなモノゴトとつながり、小さくて新しい変化が起こり続けています。
    そんな一端を感じてほしくて、「伊那谷を編集する人たち」から話を聞くセミナーを開催します。
    第3回は場づくり編。伊那谷に、どういう仕組みや仕掛けで人の集まる場を作っているのか、場づくりををコミュニティにまで広げていくには何が大切かなどについてお話しを聞いていきます!

  • 地方ならではのコミュニティの「テーマ」って?

    ・人の集う場所を作りたい!
    ・地方での起業に興味がある!
    ・長野県伊那市ってどんなところ?
    ・アウトドアや音楽が好き!
    ・あえて地方をフィールドにしたい!
    そんな皆さまお待ちしています。

開催期間

伊那谷つながりSTAND≪spin-off≫「伊那谷を編集する人たち vol.3場づくり編」
日時
3月25日(木)午後8時から午後9時まで

ゲスト
●岡本夏季さん…コーヒーとサンドイッチ おかもと店主
和歌山県出身。信州大学農学部への入学を機に伊那谷へ移住。駒ヶ根市の薪ストーブ専門店「ファイヤーサイド」、伊那市の喫茶店「三澤珈琲」で勤務後、2014年に伊那市通り町に「コーヒーとサンドイッチ おかもと」をオープン。ライブハウス「GRAMHOUSE」へ出店したり、通り町の有志で制作フリーペーパー「るつぼ」に寄稿したりしながら、地域の情報の発信基地としての役割を担っている。
●久保田雄大さん…「四徳温泉キャンプ場」経営
長野県飯田市出身。中央大学経済学部在学中に世界の田舎を旅する。メーカー社員として、アフリカ諸国で経済開発の仕事に携わる中、問題は先進国のライフスタイルにあると感じ始め、ふるさと伊那谷へUターン。キャンプ場を「森を活かしてシゴトを創る場所」と定義し森林の六次産業化を目指す。ガイド育成のため研修も定期的に行い、キャンパーや、地元の子供達を対象に、環境教育のプログラムを実施している。2020年「南信州キャンプセッション」を立ち上げ、長期目標を「Sustainable Valley 2040」とし、地方分散型社会へと変化していくために、キャンプシーンからできることを提案中。

ファシリテーター
●奥田 悠史氏
ディレクションが生業。長野県の田舎と三重県の田舎で二地域暮らし。株式会社やまとわ / 取締役。一般社団法人◯と編集社 / 理事、写真とデザインAlpenglow works 代表。週一マルシェ ハラペコ里の市 主宰。

定員

500

参加費

無料

申し込み方法

https://zoom.us/j/98140424334

申し込み情報

伊那市移住・定住相談窓口

0265-78-4111

http://www.inacity.jp/iju/

ログインとユーザーネームの登録が必要です。