移住マッチングサービス
  • 体験ツアー・プログラム
  • 募集

【滞在費補助有り】島根県大田市で、2週間の暮らし体験をしてみませんか?

関連ワード: テレワーク, 多拠点居住, お試し居住, 子育て関連
投稿日:2023/1/19 更新日:2023/1/19
  • どこか懐かしさを覚えるまちで、暮らすように2週間滞在してみる

    『遊ぶ広報』は、暮らすように2週間まちに滞在しながら、あなたの心が動いた瞬間をSNS発信すると滞在費が補助される、ちょっとお得なプログラムです!
    
    まちの広報担当としてご自分のSNSでまちの魅力を発信してもらうと、
    13泊14日で70,000円の滞在費補助が出ます。
    しかも、初めての土地でも安心な無料のアテンドツアー付き!
    地元に住む地域のガイドが、あなたとまちとの繋がりをしっかりサポート致します。
    
    ■本事業は、大田市から委託を受け、実施しています。
    ■14日間で、合計¥70,000円の滞在費補助

    地元のガイドが大森町をご案内!

  • 島根県大田市ってこんなところ!

    ◆島根県大田市
    島根県のほぼ中央、出雲大社で有名な出雲市のお隣りにある大田市。このまちでは、世界遺産を有する歴史ある町並み、三瓶山の豊かな自然、そして、日本海に面した美しい海岸線など、いろいろな魅力があります。
    大田市は「大森・仁摩・温泉津・三瓶・大田」と市内で大きく5つのエリアに分かれており、海側と山側の両方の魅力を持っています。
    歴史ある温泉街もあり、それぞれの魅力は、とても2週間じゃ全てを味わいきれないほど・・・!
    
    ◆大森町について
    今回、大田市遊ぶ広報に参加する皆様には、「大田市大森町」でのアテンドツアーをご用意しております。
    大森町は、世界遺産 石見銀山にある人口400人ほどのちいさなまち。
    ここは、町を愛する住民たちが豊かな自然の中で遺跡を守りながら、「世界遺産になっても大森らしくあろう」と、暮らしを営んでいる町でもあります。
    山あいの小さな町でありながら、若い世代の移住者が増えており、町内ではちょっとしたベビーブームになっているとか。
    
    アテンドツアーではそんなまちを巡りながら、まちで暮らしを営む人々と交流ができます。
    この機会にぜひ、このまちを訪れてその温かさに触れてみませんか?

開催期間

2022年10月〜2023年2月末まで

アクセス

■航空路
・東京→出雲空港:約1時間30分 (1日5便)
・大阪(伊丹)→出雲空港:約1時間(1日4便)
・福岡→出雲空港:約1時間5分 (1日2便)

*出雲空港から大田市駅まで
 ・バスと電車:出雲空港→出雲市駅→大田市駅(1時間14分)
 ・車:(1時間)


■JR
・東京駅(新幹線)→岡山駅(特急)→出雲市(山陰本線)→大田市駅:約7時間30分
・新大阪(新幹線)→岡山駅(特急)→出雲市(山陰本線)→大田市駅:約4時間30分
・博多駅(新幹線)→新山口駅(特急)→大田市駅:約4時間30分

定員

50名

参加費

無し

申し込み期限

2023/2/17

企画自体は2月末まで実施しています

申し込み方法

遊ぶ広報サイトからLINEにご登録いただき、事前説明会をご予約ください

申し込み情報

主催者情報

株式会社Huber.

https://huber.co.jp/top

ログインとユーザーネームの登録が必要です。