移住マッチングサービス
  • 移住支援制度
  • その他

~「よこて暮らし」なんとだべ~season1

関連ワード: 就職・転職, 副業・複業, テレワーク, 地域イベント
投稿日:2021/7/27 更新日:2021/9/29
  • 移住アドバイザーが「よこて暮らし」をご紹介!

    横手市観光推進機構では、移住アドバイザーとして市と連携し、移住定住促進に取り組んでいます。
    農業が基幹産業である横手市には、農業支援制度や研修制度があり、それらを活用しながら横手での生活を組み立てていくこともできます。
    もちろん農業以外のサポートも充実。
    起業や就業など、移住を検討するうえで不安や疑問がありましたら、何でもご相談ください。
    オンラインでの相談も受け付けています。
    
    
    
    新型コロナウイルス感染症によって、暮らし方や働き方が変化している中で、田舎暮らしが見直されている昨今。
    移住アドバイザーが、「よこて暮らし」のリアルを発信していきます。

    農業がさかんな横手市で採れた、色とりどりの野菜たち。おいしそう~

  • 夏の「よこて暮らし」

    横手市は、秋田県内陸南部に位置し日本一大きい「横手盆地」の中にあります。
    夏と冬の気温差が大きく、豪雪地帯なので雪もたくさん降ります。
    夏は涼しいイメージがありますが、今年も7月19日に35.5℃を記録し、
    朝晩は涼しいものの日中は北国とは思えないほど暑くなります。
    
    
    一日の気温差が大きい盆地特有の気候のおかげで、横手市では季節ごとにおいしい野菜やフルーツがたくさん採れます。
    今の季節はトマトやサクランボ、夏になるとナスやスイカが旬を迎えます。
    
    市内各地域では通年で朝市が行われており、地元で採れた旬の食材がズラリと並びます。
    地域によって開催日が異なり、増田地域の朝市は末尾に2、5、9のつく日、浅舞(平鹿地域)の朝市は末尾に1、4、6、8のつく日、
    十文字地域の朝市は末尾に3、7、0のつく日に行われ、いつでも新鮮な野菜やフルーツが手に入ります。
    生産者と直接話しながら買い物をしたり、地元のお父さんお母さんにおすすめの食べ方を教えてもらったりできるのは朝市の醍醐味です。
    
    
    食材だけでなく、美しい草花も横手の四季を彩ります。
    あやめ園と呼ばれる横手市内の浅舞公園では、約60万本のアヤメが満開に咲き誇り、見事な景色を見せてくれます。
    
    
    そして、夏といえば夏祭り。
    横手市は冬の小正月行事「かまくら」が全国的に有名ですが、夏も各地でお祭りが開催されます。
    送り盆まつりや猩々まつり、サマーフェスティバルなど、楽しいお祭りがたくさんあります。
    この時期はお祭りの準備で大人も子どももワクワク。
    お祭りに向けて地域一丸となって準備する時間も、夏の楽しみの一つです。
    
    
    
    盆地ならではの気候と、それによってもたらされる恵み。
    よいことばかりではなく大変なこともありますが、心豊かな暮らしができるまちです。
    
    こんなよこて暮らし、なんとだべ?
    
    
    
    
    ★読者募集中★横手の交流情報紙『よこてfun通信』
    https://www.city.yokote.lg.jp/shisei/1001175/1001437/1004696.html

    横手市十文字町のさくらんぼはとっても甘くておいしいんです。まるで宝石かのような輝き!

申し込み方法

オンライン移住相談をご希望の方は下記URLから!

申し込み情報

主催者情報

横手市 総務企画部 経営企画課

0182-35-2164

https://www.city.yokote.lg.jp/shisei/1001173/1005662.html

ログインとユーザーネームの登録が必要です。